善意で貧困はなくせるのか?.




「善意で貧困はなくせるのか?」
著者:ディーン・カーラン、ジェイコブ・アペル


いよいよ開発に関する本の読書録。
他に何冊か既に読んだ本があるけど、それもおいおいアップしていきたい。

原本のタイトルは、"More than good intentions"。

「善意で手を差し伸べることは素晴らしいけれど、もう一歩先に進んで、その善意がより効果的に現場に行き届くようにはどうしたらいいか?ということを考えましょう」という発想。

考え方は、行動経済学という学問に沿って、また実際の分析はランダム化比較試験(RCT=Randomized Control Trial)という手法を使って進められる。

行動経済学:
マクロな視点だけでなく、プロジェクトの対象となる実際の人間の反応や行動を観察し、彼らがどのように選択・行動し、その結果どうなるかを突き止め、最適な援助の方法を発見していく学問。

ランダム化比較試験(RCT):
あるターゲットに対して行った行動がどれくらいの効果をもたらしたかを調べるための手法。ターゲットに対してのビフォー・アフター分析を、ターゲットだけでなく、ターゲットでない人に対しても行うことで、客観的な影響をより正確にはかりとる手法。



例えば、インドの貧しい農民向けに、降雨保険を提供する話。
降雨量の少ない年に農民が受ける経済的ダメージを軽減する保険(セーフティネット)の使用率を上げようとする試みだが、どうやったら効果が上がるかを確かめるために筆者は次の分析を行う。

①パンフレットに載せる写真を変えてみる
②保険加入によって得られるメリットの記載方法を変更
③教育的なプレゼンテーション
④マンツーマンの勧誘


①②③での手法では使用率に変化が見られなかったが、最終的に④の方法で加入率が劇的に上昇することを発見。

即ち、「信頼されている組織から紹介された人による」「自宅に訪問しての」勧誘。

このように、降雨保険プロジェクトといっても、(人々の善意で)集まったお金でパンフレットを作ってばらまいて終わりでなく、対象となる国や地域に特有の事情、または人々の置かれている特殊な境遇、宗教的理由など、先進国の価値判断では(往々にして)推し量れない理由も分析した上で、最も効率の良い方法を追い求めていく。



特にマイクロファイナンスの章では、ローン利用者の実際のお金の用途を分析したり、より返済率を上げる方法(ターゲットにより返済したいと思わせる方法)などについてのケーススタディーを記録している。

マイクロファイナンス:
個人に対して少額の融資を行うことで個人の経済的独立(貧困の悪循環から抜け出し、好循環に入らせる)を促す援助手法。例えば、手作業での縫物を仕事にして、月に300ドルの収入があるも、生活費で全て消えてしまい貯蓄ができない状況にある人がいるとする。その人に対して、ミシンを買うだけのお金(例えば1000ドル)を貸してあげることによって、月々の収入が300ドルから500ドルに増えるとすれば、その人は増えた収入の中から1000ドルを何か月かかけて返済することができ、返済後は500ドルの収入を持つ仕事を独立して続けられる。




自分の今いる国で机上の理論では効果的な活動はできないことを身に染みて実感している身として、著者のディーン・カーラン(Dean Karlan)の現場の状況をよく分析してより効果的な援助の手法を考えるやり方にはとても共感を覚えた。

そして何より彼のコメント「経済開発という専門特化したお堅い世界と、必ずしもフルタイムの仕事としてでなくても貧困問題に関心を持ち、関わっている人々の幅広い世界とに橋をかけたいとずっと思っていた」。

この一文で、この人のファンになった。

この文章の通り、援助や開発と関係のない人生を送っている方や、興味はあるけど難しいテーマにはついていけないという方でも気軽にサクサク読めます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marikun.blog15.fc2.com/tb.php/850-8edca33f