2015.03.10 駄文。
今作成している書類(英文)を、知り合いのネイティブの友人に見てもらった。

結果、悪い書類の代名詞と言っていいくらいダメな文章だったということがわかった。

具体例に乏しい、質問の答えになっていない、「この人が他と比べて飛び抜けて特別だ」という
インパクトを与えるものが無い、などなど。

自信のある文章ではなかったけど、ここまで徹底的に直されるとは。。。

このタイミングで言ってもらえて、この友人と知り合えて、すごく嬉しい。


日本で就職やら進路関係で書類落ちしたことはないし、こういう文章を作るのは得意な方だと思っていた
けれど、海外のレベルは高い&そもそも書き方が違う&そもそも評価ポイントが違う(例えば日本より
ずっと数字・事実・結果にこだわる)ことを理解して、このレベルに自分を到達させる必要性をひしひし
と感じている。

この人に助言を仰いでいなかったら確実に書類落ちしただろうと今は思うし、もしこのお陰で受かったら、
それこそ足を向けて眠れません。

こういう将来のことに関する書類を作っていると、自分で自分の文章に興奮して、自分はすごい可能性を
秘めた人間なんだ!と勝手に思い込みたくなるけれど、冷静に客観的に自分の能力のなさを認める必要が
ある。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marikun.blog15.fc2.com/tb.php/844-8032abf9