2015.03.06 3ヵ月。
抜いた親知らずの痕が10日経ってもまだじわじわと痛む。

歯をこそぎ落とすことが体に与える衝撃の強さよ。

でも、ようやくスポーツも解禁…ようやく!




数日前、今の会社に退職の意を伝えた。

まず事務所長に。
次に、地域のボスに。
そして、正式に本社役員に。

今日は、ローカルスタッフを含めて全員で話し、今後の体制、引継ぎの話をした。


この国では、退職の話すらギャグにしてしまう。
改まって話をしようとすると、力が抜ける。




社内に退職の意思を伝えてから実際に退職するまで、通常はどのくらい期間を置くものなのだろうか。

ぼくは、3か月前を見こして連絡した。

ぼくの担当していた仕事の特殊性(赴任ができて、言語ができて、仕事ができなければいけない)から、
3か月あっても引継ぎはギリギリになるだろう。というより、引き継ぎきってあとはお任せ…という状態にまで
は絶対に出来ないと断言できる。

4年間かけて築いた人間関係や、知識、場数というものがあるから。


それでも退職の意思を伝えた人間の最後の責務は、迷惑を最小限にするためにできるかぎり引き継ぐことと、
何もなかったかのようにこれまでと同様に会社に貢献すること。

「立つ鳥跡を濁さず」

これができれば5年間の会社員人生に合格をつけられる。


上司は皆、惜しんで下さり、激励して下さった。
ローカルの皆も将来のことを伝えると、「事務所は大変になるけど、自分のことのように嬉しいよ」と言ってくれた。


激励してくれること。
自分の進路を変に隠さず堂々と明らかに伝えても、理解してくれること。


これらは結局、自分の仕事がうまくいっていたから、会社のもとめるものを果たしていたからだと思う。


同じことをもしまだ全然独り立ち出来ていないころに言っていたら、白けられ、見捨てられただろうから。

その意味でも、今がベストのタイミングだったと、言い切れる。


さてこれから3か月、怒涛の日々だ…

今まで忙しくない時期なんてなかったけど、必要とされて、やること沢山あって、本当に幸せを感じる。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marikun.blog15.fc2.com/tb.php/842-e088b1b4