上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.27 利他。
こっちで、ほとんど家族の一員のように仲良くしてくれている家庭があって、久々に時間が出来たので積もり話をしにいった。

ご飯も食べずお酒も飲まず、お茶を一杯だけで、ただただ最近の色々な話や世界の情勢、好きな場所や楽しい思い出などずっと語り合って、気が付いたら深夜1時になっている。

本当にこんな家族がいて幸せだなあと感じる。

話していたことで、ゲバラの話が少し出た。

ゲバラの何がすごいかって、彼はアルゼンチンの医学部卒業の、医者だったことだ。
つまり、”自分のために”医者として働いていれば、億万長者、とはいかなくても一生不自由せず生きていける環境にいたということ(その上、裕福な家庭に生まれた)。

なのに彼は、自分のために富を成すことに興味がなく、常に”他人のために”戦い続け、”他人のために”死んだ。

結果・過程については賛否あれど、本物の”革命家”だったことは、間違いがない。



今世界を見渡して、援助業界で働く人、国連で働く人、政治家、…

本当に”他人のために”働いている人はどれくらいいるのだろう。


俺はそうなる、と思った夜だった。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marikun.blog15.fc2.com/tb.php/739-445f393e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。