上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06.07 一ヶ月。
帰任まで、およそ一ヶ月となった。


3月頭に上司に会社を辞めさせて頂きたい旨を報告して以来3ヵ月。

この3か月は自分の今までの人生の中でも、最も充実していてて、ストレスを感じる時間が少なく、喜びを感じる時間が多くて、正直、あと少しでこの国を去ること、今の会社を辞めることが、本当に名残惜しい。

でも、「なら、残る?」という可能性を考えてみると、答えは否。
このまま今のまま、中小の会社のサラリーマンで、仮にその中で輝く存在になったとしても結局は井の中の蛙状態で、「利己」のために生きる人生となる。

方向転換をしても、上と同じようになる可能性は同様に存在するけど、そうならない努力をしたいから。





とはいえ。

この3ヵ月、
「体が二つあったら」
「人生が二回あったら」
「二者択二できる方法があったら」
「あともう少し時間があったら」

と何回思ったかわからない。

今日も最近知り合った人と仲良くなって来て、時間さえあれば長い目で付き合っていけそうな人なのに、とても惜しい。


二者択二ができないのなら、ある可能性の中で最善の一手を打つべし。

それは、1年間が終わった後、できるだけ早く、何らかの形で、かつ自分の望む形で、また戻ってくること。

これに尽きるでしょう。


これほどまでに自分の人生に影響を及ぼしてくれた国。
知り合ってきた人々。培ってきた友情。学んできた知識。
派遣してくれた会社。辛抱して教えてくれた上司。

皆に本当に、心から感謝しています。

まだ終わっていないけど、また皆に、会えますように。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。