上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.27 特性。
・勇気
・情に篤い
・自己犠牲
・ユーモア
・自分の人生を生きる
・好奇心
・知識欲
・裏表のないこと


他人の好ましい特性→自分が欲しているもの。


スポンサーサイト
2013.02.26 偉人。
父が遊びに来ている。

この国に2か月滞在し、その後南米大陸の旅を続ける。

出会う人出会う人が、彼の肉体的・精神的若さに驚いている。

この歳で英語・スペイン語を学ぶ姿勢にも。



僕の目から見たら、あんなに長くつらい時期が遠くない過去にあったのに、それをやりきって、
今、こっちの人たちと公園で野球して、ゲームして、ビーチで泳いで、体を動かして、笑って、
毎日のんきに遊べることが、奇跡です。


2013.02.26 幸福。
ある友人の言葉。

「幸せとは、あることを達成したら幸せになれると確信している状態で、それを目指す過程のこと。」



そうだと思う。
そしてそうであれば、俺は幸せだ。




自分は幸せだ、自分の人生が楽しくてしょうがない、と、いつもいつも思っている。
もちろんそう思えない瞬間は常にあるけれど、先に進み、奥に入るほど、どんどん楽しくなる。



留学して、駐在して、日本にいたら決して感じない感情や見ない風景をシャワーのようにガンガン浴びて。
自分らしく生きていくために毎日がStruggleで。
毎日100%+αの力で生きていくことを強制される環境で生きて。


それが全て影響して現在の自分を形つくっている。

その結果自分は幸せだと思えていることを、嬉しく思う。





俺は、あることを達成したら幸せになれると確信している状態で、それを目指す過程にいます。

2013.02.16 根源。
何かをしたいと思う欲求は心のどこから出てくるか。

例えば音楽をしたい!と思う欲求は、心の琴線に触る音楽を聴いて、自分自身の手でそれをもっと噛みしめたいと思ったときに起こる。軽やかなピアノのメロディだったり、印象的な和音だったり、哀しいバイオリンの旋律だったり、ギターの弾き語りだったり、その形は様々。

それに打ち込むことは、精神的充足。



例えばサッカーをしたい!と思う欲求は、運動不足で体がなまっているとき。体を動かし心地よい疲労を感じる快感と、自分の好きなプレーが決まった時に体内に起こる快感を体が求める。

これは肉体的充足。






なぜこんなことを考え始めたかというと、今日、激しい怒りを感じたから。

取引先のお客さんを接待すると、たいてい、というかほとんど必ず女の子の話になる。
要は、いかに、自分の奥さんに内緒で、夜遊びするかということ。

自分はこれが許せない。

奥さんに対するのモラル云々もそうだけど(自分の半生を犠牲にして海外までついてきてくれる人と対して
どうしてそのようなことができる?)、それ以上に、夜遊びの相手になる女の子もお前も同じ一人の人間で、
家族や友人がいて、とった年だけの過去があり、人としての価値は変わらないはず。

それなのに、人をモノのように物色し、選択する風景。
それをうまくコーディネートし、商売上の関係を深める(=引いてはお金を儲ける)ことに使うという現実。
それを面白おかしく笑いのネタにする人々。


この国に住んでいると、毎日その陰を嫌でも目にすることになる。
嫌だと思う人もいれば、ウハウハな人もいると思うけど。




音楽やサッカーをしたいという欲求は、+の感情から出てくるエネルギー。
このことに関する怒りは、-の感情から出てくるエネルギー。


-の感情から出てくるエネルギーで行動を起こすことが精神衛生上良いのか知らないが、
でも、このエネルギーを原動力に、世界のために何かできる人間になりたいと思っている。


2013.02.14 爆撃。
忙しすぎて全く日記をつけられていない。

今日、合間を縫ってサッカーの試合を観た。

レアルマドリード対マンチェエスターユナイテッド。


レアルマドリードの鬼のような"爆撃"、右から左から、正面から、近距離から、遠距離から、次々に繰り出されるボールとそれに合わせてなだれ込んでくる男たち。

難しい体勢でのボールの扱いや振り向き、強烈なシュート、一瞬のダッシュのスピード。

地球最高レベルの、ケタ違いのレベル(当たり前だけど)に改めて衝撃を覚える。



圧倒的に押し込まれるユナイテッドの中で、一瞬の光るプレーを見せたのはファンペルシー。
終了直前の胸トラップからの左足シュートは、あの角度・距離にもかかわらず弾道は正確にゴール右隅を捉えていた。

あの技術があるからこその、プレミアリーグ30得点。





少しでもうまくなるには、ボールを使った練習をとことんするのは言うまでもなく、

肉体そのものを鍛えることが絶対不可欠。


自分でいうならば、ダッシュ力。スタミナ。上半身のパワー。体幹。

うまくなりたければ、やる。
そうでなければ、やらない。

どちらか一つですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。