2012.05.26 幸福。
久しぶりにネットをのんびり使える環境にいたので、非生産的な時間を過ごしてしまった。
サッカーのスーパープレイの動画を見たり、昔の楽しい思い出を思い起こして、イタズラしたり、旧友の連絡先を探し求めてコンタクトしたり。

自分より遥かに先を行く先輩や後輩にもコンタクトしてみたりもした。
そんな方たちの様子を見たら、お前がそんなプラプラしてる間にも俺はもっと先に行くぞって言われているような、そんな気がして、ああそうだ俺の人生これからやらなきゃいけないことは死ぬほどあるのに、何を無為な時間を過ごしてるんだかという気分になった。

まあ誰でもこんな時間を過ごす時はあるでしょう。
明日から切り替えて、ネットの仮想の空間に浸らず、現実をしっかり見据えて一つ一つ頑張ろう。





♪   ♪   ♪






全く唐突に脈絡のないことだけど、自分は幸せだなあといつも思っている。

昔は自分は不幸せだとか思ってたのかな。
思ってたかもしれない。

いつからか、やっぱり留学後からかな、本当に自分は幸せだと思うようになった。
別に不幸せな人を見てそれに比べて…と思っている訳でなく、誰と比べるでもなくただ自分のこれまでの人生が喜びで溢れていたと思うようになった。

ぼくが住んでいる国は全くと言っていいほど治安の問題はないので、日常生活で死を意識することはまずないけれど、夜ふとんに入って眠る前に、よく思うのは、「もし明日死ぬことがあっても、今までの人生楽しいことばかりだったなあ、と思いながら死ぬだろうな」ということ。

家族に恵まれ、いつも友人に囲まれ、笑いに囲まれ、素晴らしい先輩や後輩に出会い、そして素晴らしい音楽にたくさん出会い。


しかもそれでまだ道半ばどころか、スタート地点にも立っていないという未来の無限大さ。

これからの人生はそう甘くないのだとはわかっているけれど。


生命を燃やさなくてはね。











第一人者になる!




スポンサーサイト
2012.05.25 天秤。
怒りで悶々とすることが増えた気がする。

日本の「常識」では考えられないことが日々起こるのだから、自分自身をその「常識」から乖離させて、
こちらの世界のリズムに身を委ねないといけないのだけど、そして自分はそれをかなりできている方だと
思うけれど(=日本人としては非常識になってしまうわけだけど、それは2つの引き出しを持つべし)、
それにしても我慢ならないことが多い。

一方、それは事実として、自分が怒りやすくなっていないか?顧みる必要もあるかな。
豊かな生活になれたり、他人を自分より下とみなしたりすると、”下”の人間の些細な言動にイライラ
してしまうようだ。そんな例はゴマンと見てきた。
感謝の気持ちを忘れてしまう。

自分だけはそうなるまい、と日々心に誓っているつもりでも、豊かな暮らしをしていると、少しずつその
中に浸かってしまう。

赴任した当初の日記を振り返ると、当時の考えと今の考えがあまりに違うことに驚くが、良い方向に進んでいる─”成熟”しているなら良いとして、麻痺してきている─”マンネリ”しているのなら、戒めるべき。

お金は必要だけど、質素な暮らしをしたい。
お金を巡る世の中の狂気からは離れてくらしたいけど、世界を変えるような大きなことがしたい。
大きなことをするには、捨て去らなくてはならないものがあるけれど、捨ててしまいたくない。


相反する矛盾した感情─葛藤。


天秤がどちらに傾くか、自分の心の声をようく聴いて、少しでも重みのある方に自分の全人生を注ぐ。

そのために、人と会って、話をして、いろんな意見を聞いて、世界をしって、感情を動かして、自分の心の声を聴こう。