上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.25 気組。
一日が経つたびに、
引き継ぎの準備を進めるたびに、
少しずつ駐在が現実のものとなってくる感じがして身が引き締まる思いです。

今日、名古屋でBらおに合ってカフェで雑談していたら、
たまたま隣のテーブルに視覚障害者の方と連れの方が座ってきた。

ブラインドサッカーに関わったことにより、白状を持っている人には自然と注意というか何かしらの親近感がわく。

「全盲の方ですか?」

と話しかけてみると、ブラインドバレーボールの選手とのこと。



一通りバレーやサッカーの話をしてもう少し話を続けると、今は合気道を習っていて、
連れの方(50~60歳くらいの男性)は合気道の先生、とのことだった。

正確に言うと、「心身統一合気道」という流派らしい。


話の流れのままに合気道について質問したり、実際にどのようなことをやるのか軽く見せてもらったりした。

その名の通り、「気」の感覚をつかむ訓練だという。


聞いているうちに、これは今の自分に足りないものを見つめなおすために必要なことかもしれない、と思えて来、まず本を紹介してもらった。

強い精神、
ぶれない心、
自分を信じる力。

これがぼくに必要なこと。


そして合気道はオカルトじゃなく、自分自身と向き合うことで自分の最上の形を「見つける」ことだそうな。


まずは読書が楽しみ。

♪♪♪


打って変わって、バイオリンの話。

先日ベネズエラ人の先生のレッスンに行ったら、楽器を買うことを強く勧められた。
そして知り合いが持っている楽器を紹介してくれると言った。

話自体は素晴らしいし、先生のことを信頼しなければいけないと思う。

が、話の中に、納得できないというか、話の中に不明瞭な部分があるのも事実。

真っ向切って反論するか、やはりそこは関係上呑むしかないのか、どう対応すればいいか。


根源は、「勧められている」のでなく半ば「強制されている」ような印象があり、それが値段やら話の背景に疑念を生じさせていること。



最終的にもし断る結果になった時に、双方が嫌な思いをせずに断るにはどのような態度を取るべきか。

いつもなら嫌われても正直にズカンと言ってしまうのだけど、せっかく知り合った関係、大事にしたいとも思う。


うーん。
誰かに相談したいこの心情。

バイオリンを買うかどうかについて、じっくり考える時間がないのも考えがまとまらない理由の一つ(というこおでお願いします)。。


♪♪♪


明日から岐阜です。
予習はしっかりしていかないと。

仕事が終わったら、エクアドルでお世話になった二人の友達に会う。

これがまた楽しみです。

スポンサーサイト
2011.02.20 乾杯。
プローストの練習に最後に行ってきた。

途中で抜けることになりオケ、パートには迷惑をかけるのにみんな暖かく接してくれてとても嬉しかったです。

まあ、もっともっと活躍して影響力を発揮して、練習をもっともっと楽しくして各自もさらってくるような雰囲気にして、レベルもあがって毎回の練習がもっと刺激的になって、、、ていうふうに自分の力でしたかったけどど、、、そこまで貢献できず心残り。

もっと音楽に、バイオリンに、オケに純粋に打ち込めるだけの情熱と時間とキャパがあればな、と願いますが無いものはしょうがない。

今度日本に帰ってきて長期日本にいることになったら、その時はまたよろしくお願いします。




さて明日も朝から忙しいぞっと。


2011.02.15 宿題。
決まることが決まると、すべきことがはっきりして良いですね。

今まで、仕事をこなしていて、本質というか、根本的な「仕組み」をしっかりと理解しないままなんとなく今日までやってきてしまっていて、駐在が決まっていなかったら今日もそのまま流していただろうけど、ほんとにこんなんじゃまじで死ぬなあということに気づかされ、今結構ヒヤリとしています。

このままじゃほんと何に~~~もわからないまま駐在に出て、行った先でお前なにやってたの?ってなることが火を見るよりも明らか。

時間は全然ない。

やらないとアウトですね。

2011.02.02 読書。
読書のスピードは早い方だと思う。

最近は本を読んでいく以上のペースで読みたい本にぶつかり、次に読む本、が家の中にどんどん積まれていく状態。

理想的です。

チェ・ゲバラはこう言っています
「若者がジーンズを買うのではなく、本を買うような世の中になってほしい」



もっと勉強しておけばよかったといつも思いますが、
今からでも取り戻すのは遅くない。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。