上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.26 神の子。
大学の同期で、一生敵わないと思った奴がいる。

年齢は俺の2つ上だったけど、
1、2年の差ではない、
むしろ年齢の差ではない、

男らしさ、優しさ、人間としての器の大きさ。
憧れつつも絶対に追いつけないだろうと思っていた。


卒業後、奇しくも神の子も俺も規模は違えど商社に入り、中南米要員とされているところも同じだけど、

俺が奴よりスペイン語ができたとしても、
先に中南米Representativeになったとしても、
一生に奴には追いつける気がしない。


だけど、目標になる人が周りにいて有り難く思う。




小さすぎる。

今のままじゃ、大きいことを成し遂げるなんて夢にもできるわけがない。

もっともっと自分に負荷をかけないと、この先未来はないぞ
という思いが、日に日に強くなっていきます…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。