2014.04.27 初陣。
4月25日、サッカーチーム"Blue Samurai"が発足した。



いつも一緒にサッカーをする仲間の中に、ただ集まって試合をやって終わりでなく、しっかりとしたトレーニングするチームを作ろうと真剣に考えていている人がいた。

彼と何度も意見交換し、毎週の活動・集まるメンバーも大分顔見知りになり、皆その意見に賛成であることがわかってきたので、これなら行けるかもと思い、この間先日近隣国に出張した際にユニフォーム15着・サッカーボール3個を買ってきた。

まず、これをどう「運用」するか、彼と徹底的に討議した。


「欲しい人とか自分の中の良い人、気に入った人に渡して、その人はハッピーになって、それで終わり」という方法は絶対に嫌だった。そして相当な準備・人選・アイデアの説明をしない限りそうなるのが明白だった。

じっくりと話すためにユニフォーム・ボールを持って彼の家に行き、アイデアを細かく説明した。
幸いなことに新品のユニフォームとボールを見た彼の喜びはぼくの想像以上で、その場で2時間にわたって計画を話し合った。


*ユニフォームは彼が毎回持参し、試合後に回収し、彼が洗濯を担当する。ボールも同様に彼が管理。
*チーム名を付け、選手リストを作る。
*チームに加入する人は、一ヶ月に1ドルを払う。これは別に会計担当を決めて管理。ボールや物資の購入、トーナメント等参加費用、ユニフォームの洗濯などに充てる。


大きくはこんな感じで、そんなの当たり前と思うようなことばかりだけど、これをこの国で実践するのは本当に難しいこと。これをうまく実行するために、細かいことを徹底的に話し合った。

例えば、お金の集め方。1ドルといっても大金なので、負担にならないように毎回15セント程度を集めて、毎回参加する人は月1ドル前後になるようにするというアイデアも考えたが、「お金を出した人はそのお金が無駄にならないように必ず参加する」という観点から、一括1ドルに決定。回収を月初めに行い、「その月分の集金」とすることで、その選手はその月必ず参加するモチベーションが生まれる。逆に、ただ遊びに来ている人は、1ドルの負担はせずに帰っていく。

負担はあれど、それ以上に、「ユニフォームがあり、ボールがあり、名前があり、定期的に活動するチームに所属している」という、この国ではめったに得られない喜びの方が大きい様。そしてたまったお金を有効に使って、チームの物資を充実させていけば、そのお金が自分たちに還元されているという実感も沸くはず。これはこの国では残念ながら滅多に起こりえないことで、この実感を持たせてあげるのが僕の個人的な使命の一つ。


ユニフォームひとつとっても、毎回グラウンドに持っていくユニフォームは10着のみとし、試合でプレーしている選手(ゴールキーパー以外)のみが着用することにした。盗難を避けるためと、よりユニフォームのブランド力を高めるためでもある。

その他にも、子どもたちが「ただ集まって試合して終わりではなく、しっかりした活動をするところなんだ」と思ってもらえるような工夫・説明の仕方を十分考えた。

そして、参加有望な選手、フォーメーション、今後どういう練習をするか…深夜まで話し合い、次の日の初練習を迎えた。



初めての統一ユニフォームを着ての試合(普段は一方のチームが裸になり、シャツ有り・無しで仲間を識別する)、試合自体は0-1で負けたけど、試合前後に皆に説明した結果、8人がその場で1ドルを払い、今後の参加を約束した。

この国の人、とくに子どもが「前金で1ドル払う」ということは、逆に今後の参加は間違いない。


これから、今日は1ドル払えても来月また払えるか、今は始まったばかりなので大丈夫でもずっとお金や物資の管理がうまくいくか、などなど心配ごとはまだまだあるけれど、楽しみの方が断然多い。


大会への登録、個人成績(ゴール・アシストの記録)の管理、ユニフォームへの名前・背番号の付着(これにたどり着けばその選手には一生モノの宝になる!)、上だけでなく短パン・ソックスの色の統一、写真撮影、Aチーム・Bチームの分類、週末の試合…

彼らに夢を見させてあげられるアイデアがまだまだある。

ユニフォームとボールの費用、いわば「初期投資」は120ドル余り。
これをもとに、これからは彼らが「自前」でチームを運営していく。

国際協力じゃないけど、たったこれだけの初期投資で、あとは彼らのモチベーションとイニシアチブで物事が運営できることを、是非示したい。

(逆に、物資を子どもたちにばらまくだけだったら、何も残らない。ユニフォームは誰かの服となり、ボールは壊れて終わる。)



そして自分自身は、援助の世界でいう、ドナーであり、プレーヤーであり、被援助者であり(自分もそのチームでプレー)、その運営を手伝うするマネージャー。



楽しみすぎる!



スポンサーサイト
2014.04.21 不発。
香川真司ゴールの予感…

的中せず。


今日も香川─マタの連携は良かったものの、中盤がごっちゃになりすぎ、肝心のシュート・ラストパスに至れなかった。
個人的にはその原因は香川─マタではなく、1トップのルーニー(今日の出来は最悪だった)と、右ウイングのナニだったと思う。

ルーニーとナニの判断力の悪さ、余計なプレーは本当に試合の流れを止めていた。
ナニの代わりにウェルベックか、それこそバレンシアの方がまだ良い。香川・マタ・ナニは足元派が揃いすぎ。
ルーニーより、チチャリートかファンペルシーの方が、最前線で裏を狙う仕事が得意だと思う。それはパスの供給先を作り出すとともに、香川・マタがプレーしやすいスペースを作りだすのにも役立つ。
中盤に引いてきたルーニーのせいで、そこでパスは回っても、結局前線に出しどころがなかったのが今日の結果。


今日の香川の出来が最高ではなかったという意見に異論はないけれど、
今日の他のメンバーを思い浮かべて、彼良い良いパフォーマンスをした選手は?

デヘア、ビュットナー、ジョーンズ、エヴァンス、スモーリング、キャリック、フレッチャー、マタ、ナニ、ルーニー。



結論、今日は皆ダメだった。




今国外出張中で、土日が重なったのでやることもなかった。

地図を見て近くにありそうな公園を探し、車で出かけ、公園内のサッカーコートを探し、

そこでプレーしている現地の人に声をかけ、入れてもらい、たっぷり2時間プレーしてきた。

異国の地でこれをするって、ひょっとしてかなり異常なこと??と後で我ながら思った。
自分にとっては、エクアドル留学中に毎日のようにしてきたし、今駐在してる国でも常にしてるし、
体の欲求に従ったまでなんだけど…


ここまで出来るって、我ながら相当サッカー好きなのか。

2014.04.17 周囲。
毎週火曜にフットサル、毎週金曜に11人大ゲーム、土日に気が向けば集まったメンバーでサッカー、と超健康的な毎日。

今日は水曜だったが明日から出張なので最後に体を動かそうと思い11人大ゲーム。

昨日のフットサルの疲れは少しあったけど、大分できた。



最近香川真司の影響もありサッカーを観まくり、プレーしまくり、常に技術向上を意識してきた結果?

少しうまくなったのを感じる。


常に意識しなければいけないことは、

「ボールをトラップする前に、次のプレーは決まっている」

ということ。

一旦ボールを止めて、顔を上げて、動きながら考えて、次のプレーを選択するのは、本当に難しい。
最低一つ、出来れば二つの選択肢が頭に入っているかで、動きが全く違う。


そしてそのためには、「周囲の状況を常に把握していること」。


この習慣・精度を上げて、あとは基礎技術の向上、走力の向上。
2014.04.10 香川。
チャンピオンズリーグ準々決勝、マンチェスターユナイテッドVSバイエルンミュンヘン

バイエルンが3-1で勝ち、香川真司のチャンピオンズリーグは終わった。


圧倒的劣勢の中、守備を頑張り、攻撃でもほとんど唯一可能性を感じさせるプレーをしていた香川…
負けたけど、嬉しいよ(T_T)


マンチェスターユナイテッドのファンのための掲示板Red CafeというHPがあり、ありとあらゆる
ユナイテッド関係の話題で盛り上がっている。

ここのところ出場機会が増え、目に見えて調子を上げてきている香川に対して、Red Cafeに出入りする
ファンの間でも明らかに論評が変わってきている。

以前はなかなか期待通りの結果が出ない香川に対して「周りのサポートがないから」「彼の好みの戦術と違うから」という「香川擁護派」と、

「一人で打開する力が無い」「ディフェンスができない」「プレミアリーグに適してない」という「香川反対派」
に分かれていたが、

(そして1~2か月前までベンチ入りすらせず完全に監督の構想外になっていた時期には忘れ去られた選手だったが)


今、香川のスレッドの書き込みのはほぼ100%支持派。

「香川とマタを中心にチームを組むべき」
「残り全試合、先発させるべき」
「今年の夏香川を放出したら、俺はユナイテッドに見切りをつける」
「こんな質の高いプレーヤーを9カ月も使ってこなかった監督の責任は重大」
「他の選手より明らかに一枚も二枚も上のレベル」
「ディフェンスが弱点という議論がナンセンスであることも証明した」

そして今日負けたけれど、ユナイテッドの選手の中のベストプレーヤー投票でダントツの1位になっている。


Shinji Kagawaの掲示板
http://www.redcafe.net/threads/shinji-kagawa-2013-14-performances.354792/page-366



今までの不遇がたたって、今期未だノーゴールの香川。
直近2試合でアシストを記録しており、誰が見ても明らかに上昇気流。
プレーも以前より積極的になっている。

良いプレーをしても次の試合はなぜかベンチ…という謎の采配を続けてきた監督だけど、
最近の活躍と、今日これだけの存在感を見れば、次節以降の試合も今度こそ先発起用を
続けてくれると信じる。

そして、なんか次の試合はゴール決めてくれる予感がする。



ハハア…

香川のせいでなんど夜更かししたことか…
どれだけ試合のある日を楽しみにしたことか…
自分もプレーしたくなって、今週4日もサッカーしている…


夢をありがとう!!!



2014.02.28 提言。
W杯ブラジル大会まで4カ月を切り、チームづくりも最終段階に入っている。日本代表の10番・MF香川真司(24=マンチェスター・ユナイテッド)は、出場機会に恵まれずに苦境が続いている。本田圭佑(27=ACミラン)も、思うようなプレーができるわけではない。毎月掲載の元日本代表監督イビチャ・オシム氏(72)の提言。今回も名将独特の視点で欧州組について語った。

 香川に問題があるのではないので、あまり心配していない。環境の変化に適応することは簡単ではない。ドルトムントではNo・1で、他の選手も若かった。気の合った仲間がいて、オートマティズム(指示がなくとも自動的にできるコンビネーション)が存在した。マンチェスターUでは、チームメートの大半が年上で、しかも有名選手ばかり。香川は準レギュラーから出発して、周囲に合わせなければならなかった。それに香川が新しい環境に慣れつつあったところで監督が交代したことも大きい。

 マンチェスターUは優勝争いをしていた4、5年前とは違う。香川の加入はチームの若返り戦略の一環だったが、その後の補強はちぐはぐな印象を受ける。現代サッカーでは運動量やスピードがますます必要。規律あるコンパクトな組織プレー、コンビネーションの質も上がっている。そのために若い選手が必要で、香川が必要とされる日は必ず来る。ベンチにいるからといって、失うものはない。むしろ試合に出て勝てないでいる選手たちの方が消耗する。時々、代表戦でプレーして、自分が香川であることを忘れていないことを確認しておけば問題ない。

 本人がドルトムントに戻りたいならそれもいいが、個人的な意見を言わせてもらえば、もう少し(マンチェスターUでの)挑戦を続けたらどうか。バルセロナでメッシが必要とされているように、モダンなプレーメーカーとしての香川が必要とされる時が来る。弱点があるとすれば、コンタクトプレー。イングランドにいる間にフィジカルを鍛えたらいい。若手と息が合うようになれば、チャンスは来る。大事なのは自信を失わないこと。現在の苦しみは、少年が大人になる時に熱を出すようなもの。必ず過ぎ去り、一回り成長する。欧州に来た時の大志を忘れず、チャンスが来た時の準備をしてほしい。
2013.08.24 四千。
イチロー選手の母校、愛知工業大学名電高校で
当時監督をされていた中村豪氏が、当時のイチロー選手を語っている記事


----

愛知工業大学名電高校、豊田大谷高校で野球部監督を務めた31年間、部員たちに口酸っぱく言ってきた言葉がある。

「やらされている百発より、やる気の一発――」

いくら指導者が熱を入れても、選手側が
「やらされている」という意識でダラダラ練習をしていたのでは何の進歩もない。

やる気の一発は、やらされてすることの百発にも勝る。
そのことを誰に言われずとも実践し、
自らの道を開拓していったのが高校時代のイチローだった。

彼と初めて出会ったのは昭和63年、私が46歳の時である。
「監督さん、すげーのがおるぞ」
というОBからの紹介を受けた私の元へ、父親とやってきたその若者は、
170センチ、55キロというヒョロヒョロの体格をしていた。

こんな体で厳しい練習についてこられるのか、
と感じたのが第一印象だった。

私の顔を真剣に見つめながら

「目標は甲子園出場ではありません。
僕をプロ野球選手にしてください」

と言う彼に、こちらも「任せておけ」とはったりを噛ました。

700人以上いる教え子のうち、14人がプロ入りを果たしたが、自分からそう訴えてきたのは彼一人だけだった。

愛知には三強といわれる野球伝統校があるが、彼が選んだのは、当時、新興チームだった我々の愛知名電高である。

監督の私が型にはめない指導をすること。
プロ入りした選手の数が全国随一だったこと。
実家とグラウンドの距離が近かったこと。
3年間寮生活をすることで、自立心を養い、縦社会の厳しさを学ぶこと。
すべてあの父子の、熟考を重ねた末の選択であった気がする。

鳴り物入りで入部したイチローは、
新人離れしたミートの巧さ、スイングの鋭さを見せた。
走らせても速く、投げては130キロ近い球を放る。
1年秋にはレギュラーの座を獲得し、
2年後にはどんな選手になるだろう、と期待を抱かせた。

非凡な野球センスを持っていたイチローだが、
練習は皆と同じメニューをこなしていた。
別段、他の選手に比べて熱心に打ち込んでいる様子もなく、
これが天性のセンスというものか、と私は考えていた。

そんなある日、グラウンドの片隅に幽霊が出るとの噂が流れた。
深夜になり私が恐る恐る足を運んでみると、
暗がりの中で黙々と素振りに励むイチローの姿があった。
結局、人にやらされてすることを好まず、
自らが求めて行動する、という意識が抜群に強かったのだろう。

自分自身との日々の戦いの中で、本人が掴んでいくより他、仕様がないのである。

人知れず重ね続けた努力の甲斐あって、
3年生になったイチローは7割という驚異的な打率を誇る打者に成長し、
「センター前ヒットならいつだって打ちますよ」と豪語していた。

プロ入り後の活躍は皆さんもご承知のとおりだが、入団1年目に彼は首脳陣からバッティングフォームを変えるようにと指示を受けたらしい。

「フォームを変えるか、そのまま二軍へ落ちるか」

と厳しい選択を迫られた彼は、フォームの修正を拒否し、自ら二軍落ちの道を選ぶ。
そしてその苦境の中からあの振り子打法を完成させるのである。

その後も評論家からは「あんなフォームで打てる訳がない」
などと酷評されたが、結局彼は自分の信念を押し通し、
球界に数々の金字塔を打ち立てた。
その根っこには、人並み外れた彼の頑固さと、
野球に対する一徹な姿勢があるのだと思う。

今年、イチローは大リーグで日米通算3,000本安打という偉業を達成したが、
これも彼にとっては単なる通過点にしかすぎないのだと思う。

いまや世界のスーパースターになったにも関わらず、
彼は毎年正月になると私の元を訪ねてくる。
その姿勢はどこまでも謙虚で少しも驕るところがない。

私がイチローを育てたと言われることがあるが、
私は彼のことをただ見守ったにすぎない。
私のほうが逆に、彼に教えられたことばかりである。
----


          「致知」2008年12月号「致知随想」より
2013.08.10 至高。
午後6時半、時差ボケがピークになる時間帯で、頭が重かったけれど、
新品のスパイクを手に、いつものグランドへ。

ほとんど一カ月ぶりの運動だったけど、至高の一時だった…。


太陽の下で、原っぱの上で、スポーツをすること。

たったこれだけのことが、日本ではどうしてあんなに特別なことにならなくてはいけないんだろう。


ある意味、理想の生活なのかもしれないな。
2013.06.20 惜敗。
コンフェデレーション杯 日本 vs イタリア。


体中のアドレナリンを出し切るほど興奮する試合だった。

良いところなく悪いところばかり出たブラジル戦に比べ、

良いところを出せる限り出したが悪いところも要所に出てしまい結果敗北したイタリア戦、という感じ。



長谷部のいうように、この試合がターニングポイントになって、ワールドカップではイタリアに勝ってほしい。




あー。



俺がこんなに悔しいんだから、選手の悔しさはどれだけだろう。




勝てる試合だった!!



のに、勝利が手のひらからスルリと逃げていった。。。





日本にはネイマールやバロテッリはいない。ドリブルで人をかわすシーンは90分を通してほとんどない。
でも、岡崎のように、ディフェンスラインまで下がって、囲んで、ボールを奪って、パスをつなぐ。
それで十分ゴール前まで迫れる。

今日、香川は明らかに本田を探していたし、本田も明らかに香川を探していた。
そしてその二人が絡んだときは、確実にイタリアが嫌がるプレーをしていた。
二人のポジションチェンジも自由自在だったし、完全に日本が圧倒している時間も多かった。



1年後、首洗って待ってろよ、イタリア人!!!!!!!
2013.06.16 完敗。
コンフェデレーション杯2013

初戦、日本vsブラジル。

いやあ完敗だった。

中盤、ディフェンス、粘って頑張ったところもあったけど、肝心の攻撃がまるでダメだった。。
本田も香川も後半は姿を消していたし。。。

日本最高の選手でも、ブラジル代表のベンチにも入れないのが現実。
言い換えれば、ブラジル代表が全員ベンチを出してきても、互角の戦いは出来ないということ。

今日はダメだったけど、思えばJリーグが発足して20年余り、特にこの10年の日本の進歩を考えれば、まだまだ将来が楽しみだ。




イタリアはスタイル的にブラジルよりは戦いやすい相手だと思うし、もう少しできることを期待。

ただ、誰でもいい、どんな形でもいいから、点を取れ!!
日本人、シュート打ち慣れてないのかよ!!!





試合を観終わって自分でプレーしに外に出たけど、最近日が経つたびに自分が着ているユニフォーム「Shinji Kagawa」の名前がこの国でも知れ渡ってきているのを実感する。


もっとできるもっとできる。
2013.06.14 糸口。
今日は新しく掴んだ糸口を頼りに、11対11のフルコートのサッカーをするチームに参加すべく仕事後に動き回ってみた。

うまいこと後半30分プレーさせてもらえたが、20台前半の血気盛んなお兄ちゃんたちの集まり、敏捷性で負けた…!

ただ今日は顔も名前も知らない20人の中に放り込まれた一日目。
今にこいつらを全員ひれ伏させてやるよ。





同じチームの中に少し歳をとっているのにケタ違いにうまい人がいた。
あとで聞いたら、この国の元代表選手で、ボランチで8年間プレーしていたらしい。

そこまでいかなくても、年をとってもアスリート、誰にも負けない技術をもった選手になりたい。






帰ってノルマの腹筋したあと少し水泳。




スポーツは不思議だ。

もっと強く、もっと早く、もっとうまくなりたいという気持ちがあとからあとから湧いてきて、
そのためなら自分の体に負荷をかける=筋トレをすることも厭わない。



この感情は押さえつけずに、湧いてくるがままに育てよう。