善意で貧困はなくせるのか?.




「善意で貧困はなくせるのか?」
著者:ディーン・カーラン、ジェイコブ・アペル


いよいよ開発に関する本の読書録。
他に何冊か既に読んだ本があるけど、それもおいおいアップしていきたい。

原本のタイトルは、"More than good intentions"。

「善意で手を差し伸べることは素晴らしいけれど、もう一歩先に進んで、その善意がより効果的に現場に行き届くようにはどうしたらいいか?ということを考えましょう」という発想。

考え方は、行動経済学という学問に沿って、また実際の分析はランダム化比較試験(RCT=Randomized Control Trial)という手法を使って進められる。

行動経済学:
マクロな視点だけでなく、プロジェクトの対象となる実際の人間の反応や行動を観察し、彼らがどのように選択・行動し、その結果どうなるかを突き止め、最適な援助の方法を発見していく学問。

ランダム化比較試験(RCT):
あるターゲットに対して行った行動がどれくらいの効果をもたらしたかを調べるための手法。ターゲットに対してのビフォー・アフター分析を、ターゲットだけでなく、ターゲットでない人に対しても行うことで、客観的な影響をより正確にはかりとる手法。



例えば、インドの貧しい農民向けに、降雨保険を提供する話。
降雨量の少ない年に農民が受ける経済的ダメージを軽減する保険(セーフティネット)の使用率を上げようとする試みだが、どうやったら効果が上がるかを確かめるために筆者は次の分析を行う。

①パンフレットに載せる写真を変えてみる
②保険加入によって得られるメリットの記載方法を変更
③教育的なプレゼンテーション
④マンツーマンの勧誘


①②③での手法では使用率に変化が見られなかったが、最終的に④の方法で加入率が劇的に上昇することを発見。

即ち、「信頼されている組織から紹介された人による」「自宅に訪問しての」勧誘。

このように、降雨保険プロジェクトといっても、(人々の善意で)集まったお金でパンフレットを作ってばらまいて終わりでなく、対象となる国や地域に特有の事情、または人々の置かれている特殊な境遇、宗教的理由など、先進国の価値判断では(往々にして)推し量れない理由も分析した上で、最も効率の良い方法を追い求めていく。



特にマイクロファイナンスの章では、ローン利用者の実際のお金の用途を分析したり、より返済率を上げる方法(ターゲットにより返済したいと思わせる方法)などについてのケーススタディーを記録している。

マイクロファイナンス:
個人に対して少額の融資を行うことで個人の経済的独立(貧困の悪循環から抜け出し、好循環に入らせる)を促す援助手法。例えば、手作業での縫物を仕事にして、月に300ドルの収入があるも、生活費で全て消えてしまい貯蓄ができない状況にある人がいるとする。その人に対して、ミシンを買うだけのお金(例えば1000ドル)を貸してあげることによって、月々の収入が300ドルから500ドルに増えるとすれば、その人は増えた収入の中から1000ドルを何か月かかけて返済することができ、返済後は500ドルの収入を持つ仕事を独立して続けられる。




自分の今いる国で机上の理論では効果的な活動はできないことを身に染みて実感している身として、著者のディーン・カーラン(Dean Karlan)の現場の状況をよく分析してより効果的な援助の手法を考えるやり方にはとても共感を覚えた。

そして何より彼のコメント「経済開発という専門特化したお堅い世界と、必ずしもフルタイムの仕事としてでなくても貧困問題に関心を持ち、関わっている人々の幅広い世界とに橋をかけたいとずっと思っていた」。

この一文で、この人のファンになった。

この文章の通り、援助や開発と関係のない人生を送っている方や、興味はあるけど難しいテーマにはついていけないという方でも気軽にサクサク読めます。

スポンサーサイト
2冊目を読み終わるのに大分時間がかかってしまった。

世界史の次は、日本史。

詳説 日本史研究 山川出版社

改定版 詳説 日本史研究 
山川出版社


先の世界史と同じく、社会人でありながら、国際人でありながら、自分の歴史に対する見識があまりに浅いことを痛感したことが購入のきっかけ(日本語を勉強しているここの国の学生が自分より日本史や日本文学について詳しいことに、驚嘆すると同時にとても恥ずかしい気持ちになった)。

高校の教科書を思い出す構成で、1冊で古代から現代までの一通りの流れを理解することができ、辞書的にも使えるため助かった。ちょうどその学生が貸してくれたテレビドラマ「信長協奏曲」を見ながら、ちらちらとこの本を読み直し、歴史上の事実とテレビドラマ上の設定を比べることでより鑑賞を楽しむこともできた(「信長協奏曲」自体は個人的には駄作だと思ったけど)。

またこの国に最初に到着した日本人とされている支倉常長(はせくらつねなが)に関しても記述があり、こうして現実世界とつなぎ合わせることで見識を深めることができた。

感想
*日本の歴史の長さ
今住んでいる中南米や、というかアメリカ合衆国も、有史とされているのは1492年以来。それ以前のことでわかっているのは非常に断片的な知識だけで、つまり、彼らの歴史の授業は実質500年そこそこしか存在しないのである。

かたや日本は、2万年も前の記録を、世界の気候の変化、発見されている動物や植物の化石の特徴、火山灰や地層などの情報から推測・解明している。「放射性炭素14Cによる年代測定によれば、日本列島における土器の出現は、今から約1万3000年前にさかのぼる」とのこと(1万6000年前とする説も)。この時代(縄文時代)は遺跡の発掘のみで、個人的な人名や歴史的事実は知られていないが、その次の弥生時代(紀元前5~紀元3世紀)の時点で、内乱が頻発していたこと、そのため女王卑弥呼をたてたこと、それにより内乱が収まったこと、また卑弥呼は夫がおらず弟が政務をとったこと、などが解明されている。

(これらが解明されているのは、中国が日本の情勢を記した書によるもの→中国大陸の歴史の長さは日本を遥かに凌ぐ。)
(日本は先進国だからこそ、最先端の研究ができ、細かい検証・課程が可能なのかもしれない。)

その時代から、中国、朝鮮半島との長きに渡る歴史、仏教、儒教(のちにキリスト教)の伝播、政治や法律などの体制の確立、農業、工業、商業の発達、文学や文化などの発展…が緻密に記録されている。



世界史と同じく、時をおいてもう一度読み直してみたい。


... 続きを読む
「読書録」をつけることにした。

*本を読むに至った背景
*本の内容、学んだこと
*さらに掘り下げたい事項

記念すべき第一弾は、「世界史」。

世界史 ウィリアム・H・マクニール


原題:A WORLD HISTORY 
邦題:世界史
著者:ウィリアム・H・マクニール
(※原題、"THE"でなく"A"であることに注目=ひとつの世界史、つまり世界史の一つの理解の仕方という意味。)

自分が歴史、地理、文化、ありとあらゆる世界(日本含む)のことに対して極めて無知であること、学生時代からうすうす感じてはいたけれど、学生時代はその無知を恥ずかしく思う場面(海外の人と世界の歴史・地理・文化…について話す時など)に出くわす絶対数が少なかったため、見て見ぬふりをしてほとんど忘れていた。

海外に出て、そのような場面に出くわす回数が増え、「これではいかん」と感じる頻度が増えたことと、今後世界の発展に寄与できるような人間を目指すにつれて、目先の知識だけでなく幅広いバックグラウンドも持つことが不可欠だと考えていたところに、書店でたまたま巡り合った本。

上下巻、即購入した。
合わせて地図帳も買った。



上巻は、文明誕生から紀元後1500年まで。
中東地域の文明の誕生、ギリシャ・インド・中国での文明の形成、宗教の勃興、四大文明の進展とその相互干渉。

上巻は正直、高校でならった知識もあやふやで、また現代までの距離が遠いこともあって、よく噛み砕いて理解できた自信がない。

下巻は、1500年~現代まで。
いわゆる大航海時代=アメリカ大陸の「発見」に始まる西欧文明及びキリスト教の興隆、それに対応する各地域(南北アメリカ、ロシア、アジア、アフリカなど)や各宗教(イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、儒教など)の動き、産業革命、民主革命、世界大戦から現在に至るまでの世界の動き。

こちらは興味のあるラテンアメリカが「発見」され、歴史的な出来事もより現代に密接して関わるようになり、いよいよ現実味をもって読むことができた。



細かい知識は置いておいて、一番の感覚は、「現代を、大きな世界史の流れでみた、未来へと続く中間地点と考え、現在の自分たちの立ち位置を客観的な視点で見る」ということ。
それによって、今の現代が過去と比べてどう異質なのか、そしてこの現代はどこへ向かうのかを考えることができる。

それによって未来を予測することは難しいと思うけど。


地域や国は、結局は人間の集団だから、それはそれで大きな一つの生き物と理解していいのかもしれない。
虫、イヌ、ヒト、ゾウ、とサイズを大きくしていって、その延長線上に地域、国、ひいては地球、(宇宙…)とつづく感覚。


規模が大きい分、あらゆる動き、興亡にも時間がかかる。

人間の1対1の喧嘩は3分で決着がつくけれど、国と国の戦争は年単位の時間がかかる。
一人の引っ越しは1日で終わるかもしれないけれど、一民族の移住には年単位の時間がかかる。

でもそれを、世界史という単位で、何世紀~何世紀というくくりで見ていけば、まるで動物の本能と同じように、世界の国々(=究極的にはそこに住む人々)が、それぞれ自分たちにとって快適な方向を求めて行動を変えていくことを、見てとることができる。

未来を予測するのは難しいというのは、規模と時間の意味で。
例えば2回の世界戦争のあとの世界のテクノロジーの発展や人口の増大は異質で、人類の歴史上に類を見ないことだけど、それが500年後にどうなっているかは、戦後70年という時間では、世界史レベルでは”短すぎて”まだ断定できない。



と、ここまで大きい視点で見なくても、地球がどんどん開拓されていって、どんどん物が発明されていって、どんどん人口が増えていって、どんどん都市に人口が集まって、「今」を迎えている、その「今」も、歴史上の通過点でしかない、ということを感覚的によく理解できる。

50年後、100年後、、、の「世界」を見てみたい衝動に駆られる。
(50年後なら現実的だけど。)

もう一つは、宗教の重要性。動物の本能と書いた、国々の動きの動力は、経済と同じくらい宗教だということが本当によくわかる。
日本は、色々な宗教を受け入れつつも本気では受け入れないという、その意味では珍しい国であるようだ。
本を読んで、宗教によって起こった歴史的事実を何度も突きつけられて、ようやくわかるという感じ。


あと細かい感想は色々あるけれど、もう本当に、筆者の知識・見聞の深さ、推測の鋭さには読んでいて驚くばかりだった。





受験勉強で世界史を勉強しているときに、ゆっくり丁寧に1週するより、ざっと早足に3週した方が良いということを読んだことを覚えている。

その通りだと思う。

少し時間を置いて、また読み直してみたい。

将来、文化の違う他の地域・大陸に移ったら、また読み直してみたい。

そうしたら、もっとずっとずっと世界の全体図が理解できる気がする。


著者のマクニールさんは、他に「疫病の世界史」「戦争の世界史」という本も出している。
それぞれ疫病、戦争という切り口からみた世界史。
これも読んでみたら理解深まるだろう。
(1クリックで家に本が届く環境にいたらきっと買っていると思うけど。)

ただ自分への必要度からいうと、次は日本史を読みたい。




さらっと記録しておくつもりだったのに、こんなに長文を書いてしまった。。。